スペイン・バスケットボールLOG

バロンセスト=スペイン語でバスケットボール

クリニカス・リンコンという育成チームが2部リーグに参戦


   

昨日、ユーロリーグの生中継をLivebasketballTV(有料)で見ていたんですが、その裏でスペイン2部リーグの試合がスペインバスケットボール連盟(FEB)がやっているFEBTV(無料)で中継があったので、フト見てみました。

FEBTVはスペイン2部3部と女子1部やユース年代の試合などを完全無料で生中継(毎週3-4試合をピックアップ)してくれるマニアには嬉しいネットサービスです。

クリニカス・リンコン対ジェイダ

目にとまったのは他ならぬクリニカス・リンコンの試合だったから。同チームはスペイン南部のマラガにあるチームでクリニカス・リンコンというのは医療関係の企業の名前でそこのオーナーさんがバスケLOVEなためチームを持っているとかなんとか、そして2部リーグを戦っているのですが、チームの目標は1部ACBへの昇格ではない。同じ街のウニカハ・マラガと提携、同チームの2軍チームとして活動しているのです。

2014年2月に日本からコーチのための学びツアーでマラガへ行ったのですが、その時のお世話になってクリニックをしてもらったり、練習見学させてもらったのがクリニカス・リンコンなんです。
EURO BBAコーチング・エデュケーション・ツアー2014 in マラガより

中継の様子と結果など

FEBTV(無料)はこんな感じです

FEBTV(無料)はこんな感じです

ライブスタッツはこんな感じ

ライブスタッツはこんな感じ

最終的なスタッツ、赤枠がプレータイムです

最終的なスタッツ、赤枠がプレータイムです

試合は66-74でクリニカス・リンコンが敗戦しています、スタッツへのリンクはこちら

勝利したジェイダには、リッキー・ルビオの兄マルクがいたり、ACBでも活躍したシメオンやアルフォンソ・アルサモラ、NCAAを出たアメリカ人やナイジェリア人の助っ人外国人もいる、いわゆる1部ACB昇格を狙うチームです。

クリニカス・リンコンの若手はどれほど若いのか

まずはオレンジ丸がついているのがスターターなので5人から紹介

  • PG ルーベン・グティエレス(19歳 / 192cm)
  • SG モー・ソルアデ(19歳 / 196cm)
  • SF ロマリック・ベネメネ(17歳 / 202cm)
  • PF ケナン・カラホズィッチ(18歳 / 210cm)
  • C リカルド・ギジェン(38歳 / 207cm)

38歳のギジェンはもう半分ACみたいなもので、昨年クリニカス・リンコンのチーム練習を見に行った時も別メニューだったり、同じメニューでもAC的な役割を果たしていました。しかし残りの4人の年齢構成はどうでしょう、日本で言えば高校2年生から大学1年生といったメンバー構成です。これで1部ACB昇格を狙うチームと普段のリーグ戦を戦っているのです。

ちなみにカラホズィッチは前日にあったユーロリーグの試合、トップチームのウニカハからコールアップされアウェイ遠征に帯同、短い時間ですがトップデビューしたばかり。SGのモーはアンダー世代のイギリス代表選手ですが、2月にコーチの学びツアーで行った時にはHCとともにクリニックのデモンストレーターをしてくれた選手です。

控え選手も見てみましょう。私が中継をつけた時にコートにいたのは、

  • PG アンドレイ・マグデフスキ(18歳 / 190cm)
  • SF サボニス次男(22歳 / 203cm)
  • C ビニー・オコウオ(17歳 / 215cm)

マグデブスキは2013-14シーズンまでレアル・マドリードのU18チームにいて、今季からプレータイムを求めて移籍してきた選手、実はマケドニア人で2014年夏マケドニア代表でもデビューしています。

サボニス次男の22歳がやや経験ある年齢の選手に思えてくるから不思議です。

そしてオコウオ、コンゴ共和国のビッグマンですが、とにかくでかくてダイナミックな動きでした。

他に試合に出ていたメンバーですが、

  • SG アルフォンソ・サンチェス(27歳 / 195cm)
  • SF ホセ・ヒメネス(18歳 / 197cm)
  • C ブルーノ・ディアッタ(18歳 / 208cm)
  • PG カルロス・コルツ(17歳 / 182cm)

確かに核となりうるギジェン38歳とサンチェス27歳がいて、多めのプレータイムですがそれ以外のメンバーは17歳18歳19歳のエリート選手ばかり、今か今かとコールアップを待ち、またウニカハ以外のプロチームからのオファーを待ち続ける日々になります。

ツアーにいった2014年2月はまさに2013-14シーズンの真っ最中でしたが、練習見学していた時に見たホセ・ポサスというPGが目立っていていい選手だなーと思っていたら、ツアーから帰国してすぐACBのバリャドリッドへのレンタル移籍が決まり活躍、2014-15シーズンは1部ACBのリオ・ナトゥラ・モンブスとの契約を得ました。

また同じく練習で見たアルベルト・ディアスというPGも、ツアーから戻って翌月、1部ACBビルバオのラウル・ロペスが怪我をしたため、レンタル移籍でACBビルバオへ加入、2014-15シーズンも1部ACBフエンラブラダで契約を得ています。

また2013-14シーズン、クリニカス・リンコンでプレーしていたセネガル人ビッグマンのマンド・ンギラネ(210cm / 21歳)は今季ウニカハのトップチームに登録されました。

クリニカス・リンコンの育成統括の方も言っていましたが、ウニカハはスペイン南部アンダルシアではエリートチームです。なのでU18チームが同じ街の同年代チームと試合をしても得るものはなく、同じアンダルシアの大会に出ても勝って当たり前なので、U18にあたる17歳18歳で才能のある子は飛び級でクリニカス・リンコンでプレーさせると言っていました。

じゃあ、U18の大会には出ないのかというと、ウニカハではU16チームをU18の大会に送るんだそうです。U16ウニカハもまた、同じ街の同年代のチーム、同じアンダルシア州のU16チームと戦っても得るものがないという判断です。

こうしてエリート選手たちはいつも上の世代との試合を重ねることで経験をつみ、ACBデビューへの階段を登っていくのです。

※冬にあるスペインの全国大会のようなものにはU18のレアル・マドリードやバルサも出てくるので、その時はウニカハもU18チームをU18の大会に送ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - ニュース(速報)

  関連記事

女子ユーロリーグ(Euroleague Women)2014-15まとめ

今回は女子のユーロリーグについて、まずどんなチームなのかを見てカタカナで書けるも …

ミキ・セルベラは新しいネクスト・リッキー・ルビオ

DKVジュベントゥットでルビオを育て、北京五輪で代表に抜擢したアイト・ガルシア・ …

1985年神戸ユニバのマスコット
1985年神戸ユニバーシアードの金メダルはソ連(メンバー調査中)

バルセロナ五輪(1992年)やソウル五輪(1988年)よりも前、1985年になん …

ユーロカップ 2015-16 開幕直前チェック!

スペイン視点の自分用のまとめです。ご興味がある方、さらに詳しく知りたい方からTw …

3×3 U18世界選手権 2012年アルコベンダス大会(スペイン)

2012年9月28日29日30日にスペインはマドリード郊外のアルコベンダスで開催 …

FIBA対ユーロリーグの対立・火種は問題先送り?

ターキッシュエアラインズ・ユーロリーグ 2016-17は参加チームが24から16 …

思い出の2002-03シーズンLiga ACB

Twitterにもつぶやいたんですが、昔のコンテンツをアップしました。2002- …

日本が出場するリオ五輪世界最終予選、開催地はセルビア、イタリア、フィリピン

日本代表:2015年FIBAアジア選手権4位で、世界最終予選進出  世界最終予選 …

ライジング福岡のHCに就任したスペイン人コーチがかわいそうな件について

2013年にレバンガ北海道(NBL)のHCに就任したピティ・ウルタドさん、201 …

リオ五輪最終予選で日本のライバル、チェコのダンクモンスターは217cm

2016年7月4日に開幕するリオ五輪男子世界最終予選、日本はまずラトビア代表、チ …