スペイン・バスケットボールLOG

バロンセスト=スペイン語でバスケットボール

倉石平さんの「FCバルセロナに見る、ヨーロッパのクラブ事情」


   

2015インターハイプレビュー特集号となった月刊バスケットボール9月号の付録に4ページ、スペインのバスケットボールについてのレポート(by 早稲田大スポーツ科学学術院教授・倉石平さん)

極めるシリーズ第7弾でバルサ登場!

3ページ目にバルサのサテライトについて

レポートの前半はヨーロッパの戦い方やユーロ圏内でスペインはどういう存在なのか、またスペインリーグの中でバルサやレアル・マドリードがどういう存在なのかといった事が書かれていますが、後半に「サテライトについて」として、バルサの育成年代(13歳以下のチームから14歳15歳16歳と年齢ごとにチームがある)についてとても詳しくふれられています。たとえば、

  • (バルサの)13歳チームまではスペイン人ばかり
  • 14歳チーム以上になると外国籍選手も多数
  • 15歳チーム以上だと2m以上の選手が3人以上いる
  • 練習場にはバスケットボール専用コートが3面完備

などなどなど

その後も育成年代における言語教育や練習メニューの話もでてきますので、興味のある方はぜひバックナンバーを入手することをオススメいたします!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - レファレンス(文献), 気になった本・雑誌

  関連記事

日本バスケットボール協会に対する制裁が解除されるまでの経緯 (法的立場からみた課題と紛争解決)

法律のひろばという雑誌がありまして、2015年10月号なんですが、特集で『スポー …