2015-16 ユーロリーグTOP16ラウンド(2次リーグ)12月29日から4月8日

全24チームが2015年10月11月12月と3ヵ月かけて全120試合を戦った1次リーグ(レギュラーシーズン)が終了、グループABCDの上位4チームがTOP16ラウンドに進みました。

TOP16ラウンドは8チームずつに分かれた各組総当りで、上位4チームずつがプレーオフに進出する形です。
15-16 ユーロリーグ TOP16

16強の内訳ですがスペイン勢は4チーム残っています!!他、トルコ3、ロシア3、ギリシャ2、セルビア1、クロアチア1、リトアニア1、ドイツ1です。

16

イタリア、フランス勢はゼロ、マッカビ・テルアビブも消えてイスラエル勢ゼロ

復習:レギュラーシーズン(1次リーグ)の組み合わせとユーロリーグとは?

今季もTOP16ラウンドでクラシコ実現

グループFでは昨年に続きレアル・マドリードとFCバルセロナが同組に!TOP16ラウンドでのクラシコ2試合が実現します。

1月21日(木)レアル・マドリード対バルサ
3月17日(木)バルサ対レアル・マドリード

※直前に曜日が変わる可能性もありますが、該当週にマドリードもしくはバルセロナに滞在されている方は観戦のチャンスですよ!

12月下旬の補強動向

オリンピアコスはダリウス・ジョンソン=オドムと契約

2012年NBAドラフト55位のダリウス・ジョンソン=オドム(188cmのPG/SG)、NBAではレイカーズとシクサーズで少しだけプレーしていますが、ユーロリーグは初参戦。

レッドスターが補強敢行

再契約したマーカス・ウィリアムズをカットして、ヴァシリイェ・ミチッチと契約しました。

さらにアメリカ人ガードのJ.R.レイノルズ、アメリカ人ながらトルコ籍を持つSFのタレンス・キンジーとも契約です。

ウニカハ・マラガはデマーカス・ネルソンと契約

怪我でセルビア代表のマルコビッチが離脱したため、ユーロリーグでも経験豊富なアメリカ人(セルビア籍保有)のネルソンと契約。

K.C.リバースがレアル・マドリードに復帰

昨季レアル・マドリードで活躍 → 今季はバイエルン・ミュンヘンと短期契約でしたが、このTOP16ラウンドが始まるタイミングでレアル・マドリードと再契約。