スペイン・バスケットボールLOG

バロンセスト=スペイン語でバスケットボール

ターキッシュエアラインズ・ユーロリーグ2015-16出場チーム


      2016/02/02

2014-15シーズンのユーロリーグはレアル・マドリードが地元ファイナルフォーで優勝を手にして幕という展開で、ユーロリーグの歴史でも1つの区切りになるシーズンでしたが、今季もヨーロッパ各国リーグの強豪チームが24チーム参戦、まずは6チームずつ4つのグループに分かれて1次リーグを戦います(ホーム&アウェイの総当り)

開幕戦は10月15日、来年のファイナルフォーの舞台はベルリンです。

euroleague1516

参加24チーム

グループA

ツルヴェナ・ズヴェスダ(セルビア)
F.C.バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
フェネルバーチェ・ウルケル(トルコ)
ヒムキ・モスクワ(ロシア)
レアル・マドリード(スペイン)
ストラスブール(フランス)

グループB

アナドル・エフェス(トルコ)
ツェデヴィタ・ザグレブ(クロアチア)
ラボラル・クチャ(スペイン)
リモージュ(フランス)
エンポリオ・アルマーニ・ミラン(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ)

グループC

F.C.バルセロナ・ラッサ(スペイン)
ロコモティフ・クバン(ロシア)
パナシナイコス(ギリシャ)
プナル・カルシャカ(トルコ)
ジェロナ・グラ(ポーランド)
ジャルギリス・カウナス(リトアニア)

グループD

ブローズ・バスケッツ(ドイツ)
CSKAモスクワ(ロシア)
ダールシュファカ(トルコ)
ディナモ・サッサリ(イタリア)
マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
ウニカハ・マラガ(スペイン)

簡易版・みどころ・注目点など

  • レアル・マドリード連覇なるか
  • NBAから戻った選手たちの活躍やいかに
  • セルビアのツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)が3年連続出場、観客動員がすごい
  • スペインからは4チームが参戦
  • LivebasketballTVで全試合生中継で視聴可能(有料)だと思っていましたが2015-16シーズンから、別サービスのユーロリーグTVというのが始まりましたので、こちらの契約が必要です。

2015年8月富樫勇樹とイタリアのディナモ・サッサリが契約?!

8月15日現在、富樫は日本代表の試合でチェコB代表と東京で連戦中ですが、このあとディナモ・サッサリのプレシーズンに帯同し、2015-16シーズンへの契約を目指す(トライアウト・コントラクト)ようです

プレシーズンの契約

あくまでスペインの強豪チームの例ですが、例年プレシーズンだけの契約(トライアウト込み)というのは良くある話です。というのもスペインの強豪チームの場合、シーズンが10月頭に開幕するとして、8月中にはプレシーズンのキャンプやプレシーズンマッチが入ってくるのですが、例えばレアル・マドリードだと12-14人のメンバーのうち、5-6人がスペイン代表選手、ほか4-5人も世界各国の代表選手で、8月9月は代表活動(合宿)とFIBAの世界大会に参加、早くても9月中旬くらいにならないとチームに合流できません。

そのためレアル・マドリードのようなチームはプレシーズンのみの契約というを積極的に行っていて、選手数の確保を行うことがけっこうあります。また同時期にはBチームやU18チーム、時にU16チームからも若手を5-6人招集して、レアル・マドリードのトップチームとしてプレシーズンを戦っています。(昨季は15歳のルカ・ドンチッチくんも帯同していました)

イタリアのケースはまた別かもしれませんが、スペインの場合は例えば、
se incorporará a la pretemporada de (チーム名) para ayudar en los entrenamientos
とか
Refuerzo pretemporada
という表現で記事になります

もしも富樫が2015-16シーズンをサッサリで戦ったら

イタリア10月4日にレギュラーシーズンが開幕しますが、全16チームが2回戦総当りのH&Aで対戦する形式です。レギュラーシーズンは全30試合という事になります、これは土日のどちらかに1試合、毎週消化していく形になります

また開幕1週間前に公式カップ戦のイタリア・スーパーカップというのが1試合あるはずです

さらにコッパ・イタリアというレギュラーシーズン前半戦終了(各チーム15試合消化)時点での上位8チームによる短期集中開催カップ戦が2月頃にあり、最大で3試合(8チームによるトーナメント戦なので)

そしてサッサリの場合、週末のイタリア国内リーグ以外に木金のどちらかでユーロリーグを戦います。まず1次リーグは6チームによる2回戦総当りのH&A戦で10試合が確定、そこを勝ち抜けば2次リーグがあり今度は8チームによる2回戦総当りのH&A戦で14試合を消化、ここでベスト8が決まりプレーオフに入ります。クォーターファイナルは5戦3勝勝ち抜け方式なので最大5試合、最後はベルリンでの1発勝負のFFです。

※ユーロリーグを1次リーグで敗退するとそこで終了ですが、2014-15シーズンは敗退チームがユーロカップの2次リーグにまわるというフォーマットでした。その場合欧州カップ戦の戦いは続き、決勝まで行くと6試合の2次リーグとベスト16からのH&A戦が5回で10試合の計16試合を戦うことになります

ここまで全試合を戦うと合計が30+1+3+31=65試合

さらにイタリア国内リーグのプレーオフもあるので、これを全て勝ち抜いて、全てもつれた場合21試合を戦うことになり、最高で86試合がディナモ・サッサリの2015-16シーズン公式戦の試合数という事になります。なおシーズンは9月下旬から翌年6月下旬です。

2014-15シーズンのサッサリ正PGのD.ローガンの試合数は

デイビッド・ローガンはポーランドに帰化したアメリカ人選手で、2014-15シーズンはディナモ・サッサリの正PGでした、カップ戦での4試合をプラスして、イタリア国内リーグ(プレーオフ含む)で48試合(平均30.1分間15.5得点2.5アシスト)、ユーロリーグで10試合(平均28.6分間11.9得点2.8アシスト)、さらにユーロリーグ敗退によってユーロカップにまわり、さらに6試合(平均28.8分間16.5得点2.7アシスト)、合計68試合でした

ちなみにレアル・マドリードの2014-15シーズンは..

スーパーカップ1試合
コパデルレイ3試合
スペイン国内リーグACB 34試合
スペイン国内リーグプレーオフ8試合
ユーロリーグ29試合

の合計、74試合でした

※スペインの場合イタリアよりレギュラーシーズンの試合数が多いですが、プレーオフは7戦4勝方式でなく、5戦3勝方式なうえにレアル・マドリードはプレーオフでほとんど勝利だったので、試合数は伸びませんでした

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - ニュース(速報)

  関連記事

ジェリコ・ジャパン青野と対戦した彼の実力

2003年に来日したポルトガル代表エヴォラ スペインのプロバスケットボールリーグ …

2014年7月3×3欧州選手権予選@ハンガリー(男子)

2014年7月12日13日の日程でハンガリーで開催された3×3欧州選手権の予選( …

2017-18 スペイン2部LEB Oro(レブ・オロ)

マンレサがACBから降格、レアル・ベティスも降格していましたがいろいろあってAC …

2015年男子スペイン代表のスケジュールとスターター予想

ロンドン五輪まで指揮をとっていたイタリア人コーチのセルジオ・スカリオーロさんが復 …

スペイン代表12名 / ヨーロッパ選手権2017

リオ五輪を率いたスカリオーロさんが引き続きHC(2020年まで契約延長済み)、1 …

lista del equipos de B.LEAGUE, la nueva liga japonesa

Primera División (B1) División Este de B …

ユーロリーグ 15-16 グループD

グループD ウニカハ・マラガ(スペイン) 次期スペイン代表HCとも囁かれるジョア …

リトアニア代表候補24名が発表…スペインでプレーするサボニス3男(17歳)も選出

リトアニアのヨナス・カズラウスカスHCはFIBAワールドカップに向けて、最初の2 …

ユーロカップ Last32(2次リーグ) 2014-15 対戦カード

36チームが6組に分かれて全10試合を戦った1次リーグ、開幕前に書いた記事がこち …

直近1ヶ月間のアクセス解析(キーワード編)

更新していない期間が長いので、久しぶりにアクセス解析ネタです。グーグルアナリティ …